カテゴリ:映画( 75 )
笑いすぎた映画
f0231785_15074550.jpg
このところ
膝が痛いのでコナミはお休み
なのに
わざわざ見に行ったこの映画105.png
予告編で何度も見たからなのか…

二月から始まってるから空いてるかな?って、思ったけど
なんと
ほぼ満席
皆さん、笑いに飢えてるのでしょうか??

解説

人気コミック「パタリロ!」の作者である魔夜峰央の人気漫画を実写映画化。埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子と埼玉出身の転校生の県境を超えたラブストーリーが展開する。『ヒミズ』『私の男』などの二階堂ふみと『カーラヌカン』で主要人物を演じたミュージシャンのGACKTが主演を務める。『テルマエ・ロマエ』シリーズなどの武内英樹がメガホンを取った。

あらすじ

東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、惹()かれ合う。しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し......


ホント
馬鹿馬鹿しくて、面白かったわ~!!
NHKで白洲次郎様を演じた伊勢谷さんが
あんなに真面目に千葉県民を演じてて
それでええのん??って、思ったけど106.png



by ykiki28 | 2019-03-12 15:15 | 映画
グリーンブック
f0231785_16354692.jpg
アカデミー賞の作品賞でしたね!
ドクター・シャーリー役のマハーシャラ・アリさんは助演男優賞も110.png


解説

黒人ピアニストと彼に雇われた白人の用心棒兼運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を手に人種差別が残るアメリカ南部を巡る人間ドラマ。『はじまりへの旅』などのヴィゴ・モーテンセンと、『ムーンライト』などのマハーシャラ・アリが共演。『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリーが監督を務めた。アカデミー賞の前哨戦の一つとされるトロント国際映画祭で、最高賞の観客賞を獲得した。

あらすじ

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになる。シャーリーは人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに旅立つ。出自も性格も違う彼らは衝突を繰り返すが、少しずつ打ち解けていく。


こないだの日曜日に見に行きましたよ!
新聞なんかの評判は見るものすべて高評価だって見る気満々だったのが
朝の折り込み新聞で
きれいごと過ぎるとか書かれてて、一瞬躊躇
評判に左右される意思のない私です103.png

でも
マイノリティーの天才黒人ピアニストと粗野なイタリア系アメリカ人が
徐々に心を開いていくプロセスは丁寧に描かれていてホロリとしましたよ!
ドクターの孤独の叫びも涙134.png
良い映画だったと思いました110.png
トニーさんの食事場面はそこまで下品にしなくてもと思いましたけど105.png




by ykiki28 | 2019-03-05 16:49 | 映画
女王陛下のお気に入り(The favorite)
f0231785_15085266.jpg
アン女王がアカデミー賞 主演女優賞でしたね!
でも
見たのはこないだの土曜日105.png


解説

『ロブスター』などのヨルゴス・ランティモスが監督を務めた、18世紀初頭のイングランドを舞台にした宮廷ドラマ。病気がちな女王と幼なじみ、新入りの召使いの思惑が絡み合う。ドラマ「ナイト・マネジャー」などのオリヴィア・コールマンが主演を務める。共演は『ナイロビの蜂』などのレイチェル・ワイズ、『ラ・ラ・ランド』などのエマ・ストーン、『X-MEN』シリーズなどのニコラス・ホルトら。

あらすじ

18世紀初頭のイングランドの人々は、パイナップルを食べることとアヒルレースに夢中になっていた。体の弱いアン女王(オリヴィア・コールマン)の身の回りの世話をする幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が、権力を掌握していた。ある日、宮中に新入りの召使いアビゲイル(エマ・ストーン)がやって来る。


ちょっと
見終わって嫌~な気分
最初は
アビゲイル可哀そうだから、頑張って!!って
思ってたけど
最後の方はそこまでやらんでも…とか119.png

でっ!
主演女優賞とったからって言うんじゃないけど105.png
女王さま
ちょっと気持ち悪かったけど良かったわ~!!
心の機微が垣間見えて105.png

しかし
3人とも主演女優賞みたいな感じやったわ~!!



by ykiki28 | 2019-02-26 15:17 | 映画
映画を二題
ここ数年、週に一度
コナミでヨガやらピラティスやらやってました!
以前は地元のコナミで友人と時間合わせて行ってたのですが
その友人が昨年10月に他のジムに変わってしまったので103.png
路頭に迷ってたのですが
一人になっても続けよう!と
大阪ステーションシティのコナミに通うことにしました。
最初はヨガ・ピラティス・ボディバランスなどレッスンして
まっすぐ自宅に帰ってたのですが105.png

すぐ近くにあるステーションシネマにフラフラと寄り道

でっ!まず
f0231785_12543125.jpg
レディーガガって有名だけど、私は知らない!って感じだったのですが
いやあ~!歌上手いやん!!111.png(当たり前!って…?)
そして
ブラッドリー・クーパーかっこいいやん!!
アマゾンプライムでよくみたわ!
バレンタインデーとかに出てましたね!
でも、ジャック死ななくていいやん…と、思ったけど137.png

そして、先日は
f0231785_12543436.jpg
グレン・クローズ
昔、好きやったわ~!!
f0231785_12543652.jpg
この映画が怖すぎて印象的105.png
f0231785_12543868.jpg
クルエラ役も妙に似合ってた103.png

さておき

天才作家の妻(原題は The Wife)

解説

ノーベル賞に輝いた作家とその妻の秘密にまつわる心理サスペンス。メガホンを取るのは、ビョルン・ルンゲ。『アルバート氏の人生』などのグレン・クローズと『キャリントン』などのジョナサン・プライスが夫婦を演じ、ドラマシリーズ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」などのクリスチャン・スレイターらが共演する。

あらすじ

現代文学の重鎮ジョゼフ(ジョナサン・プライス)と妻のジョーン(グレン・クローズ)はノーベル文学賞受賞の知らせを受ける。息子を連れて授賞式が開かれるストックホルムに行くが、そこで記者のナサニエル(クリスチャン・スレイター)からジョセフの経歴に関わる夫婦の秘密について聞かれる。類いまれな文才に恵まれたジョーンは、ある出来事を契機に作家の夢を断念し、夫の影となって彼を支え続けていた。


感想はちょいと後味悪くて
夫にまったく魅力を感じなかったなあ~!
あんな夫ならいらんわ~!
前の奥さんが正解105.png





by ykiki28 | 2019-02-07 13:07 | 映画
私は、マリア・カラス
f0231785_14412103.jpg

解説

一世を風靡(ふうび)したソプラノ歌手マリア・カラスの言葉と歌で構成されたドキュメンタリー。マリアがつづった自叙伝の内容と未公開の手紙、プライベート映像や音源などで彼女の実像を浮き彫りにする。『永遠のマリア・カラス』でマリアを演じた、『8人の女たち』などのファニー・アルダンが朗読を担当。アリストテレス・オナシス、ジャクリーン・ケネディ、ルキノ・ヴィスコンティといった面々が登場する。

あらすじ

マリア・カラスは1923年、ニューヨークで生まれた。いち早く娘の才能に気づいた野心家の母親は、彼女を歌手にすると心に決める。マリアが13歳になった1937年に、家族でギリシャに移住し、17歳以上でなければ入学できないにもかかわらず、年齢を詐称してアテネ音楽院に合格したマリアはスペイン人の恩師と出会う。


カラス自身のインタビューやら
コンサートシーンやら
ちょっと継ぎ接ぎ感がしないでもないけど105.png
前に見たのより
本人に近く思えたわ105.png
前のは悲壮感が漂いすぎてて見てるのが辛かった!

今回のは
アリアも聞けて良かった!
プッチーニの歌劇「ジャンニ・スキッキ」
の「私のお父さん」
好きです!110.png

by ykiki28 | 2018-12-26 14:52 | 映画
we will rock you !
先週、見てきましたよ!
ボヘミアンラプソディー
f0231785_15530803.jpg
最初
フレディ役のラミ・マレックにちょっと違和感105.png
歯が目立ちすぎやし、足も短いし…
とか、思ってたけど
徐々に引き込まれて
最後はフレディ・マーキュリーと一体化して見えてきた!
f0231785_16043041.jpg
右がラミ・マレックよね??

場内は年齢層高く、若い世代はチラホラ
そうよね~!
私たち世代よね…110.png
we will rock you
あのメロディーを聞くと知らずと高揚感が湧いてくる!
しかし
その頃はフレディさんがどんな人か?なんて知らずにいて
今回、映画見て
そうだったのね!
才能ある人は孤独に蝕まれるのよね!
日本では美空ひばり(ちょっと違うかな?105.png
ディーバ・マリア・カラス
(また、映画が上映されますね!見に行くつもり)

最後のライブのシーンはちょっと感動したわ~!!

by ykiki28 | 2018-12-12 16:06 | 映画
脳内をユーミンがグルグル…
つい先日
「私をスキーに連れてって」を放送していたので
録画してじっくり見ましたよ!
f0231785_11593859.jpg
今から30年も前に
空前のスキーブームを牽引した映画でしたね!
この頃って
私は35歳で子育て真っ最中だったけど
とっても印象的な映画でした。
原田知世ちゃんも可愛かったし
三上博史君もカッコよかったわ~!!
f0231785_12021248.jpg
スキーに夢中になってた
若かりし頃の自分たちと重ねてたのか??

って
だいぶちゃうやろ??と誰でも突っ込みますね105.png105.png105.png

この映画って
ユーミンがいないとこんなにヒットしなかったかも?
思うくらい

「ゲレンデのカフェテラスで~~」とか
ブリザードとか
ぴったりマッチングしすぎ111.png

ずっと
ブリザードのメロディーが脳内リフレインしっぱなし105.png

でも
ゲレンデの夫はカッコよかった110.png
ゲレンデ内だけだけど…


by ykiki28 | 2018-11-07 12:14 | 映画
日日是好日
f0231785_15244808.jpg
樹木希林さんを偲んで145.png

解説:

茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイを映画化した人間ドラマ。母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生が、茶道の奥深さに触れ、成長していく姿を描く。メガホンを取るのは『ぼっちゃん』などの大森立嗣。主人公を『小さいおうち』『リップヴァンウィンクルの花嫁』などの黒木華、彼女と一緒に茶道を学ぶ従姉を『ピースオブ ケイク』などの多部未華子、茶道の先生を『わが母の記』などの樹木希林が演じる。

あらすじ:

大学生の典子(黒木華)は、突然母親から茶道を勧められる。戸惑いながらも従姉・美智子(多部未華子)と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさん(樹木希林)の指導を受けることになる。BYシネマトゥデイ


初日の13日土曜日に行って来ましたよ!満席でした105.png

先行上演もあったらしいですね!

希林さんが存在感ありすぎで

主役の典子さんが弱すぎです119.png

ドキュメンタリー番組で

希林さんがこの映画を撮影中に語られた事を思い出したり

日日是好日の意味を生徒たちに教えるところで

ホロリとしたり

25年の月日の過ぎる中でだんだんと武田先生の姿がちんまりして見えたり

やはり

希林ワールドは凄いわ!!




by ykiki28 | 2018-10-15 15:38 | 映画
15時17分パリ行き
f0231785_15223049.jpg
前に予告編を見て
テロの映画は絶対見ない!と、思ってたけど

立て続けで良い評価の記事を読んだので
こないだの日曜日に見に行きましたよ!

解説

クリント・イーストウッド監督が、20158月に高速鉄道で起きた無差別テロ事件を映画化。列車に乗り合わせていた3人のアメリカ人青年がテロリストに立ち向かう姿を描く。事件の当事者であるアンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーンを主演俳優に起用し、当時列車に居合わせた乗客も出演。撮影も実際に事件が起きた場所で行われた。

あらすじ

2015821日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。


ハドソン川の奇跡も良かったけど
この映画も凄かった!
ハラハラドキドキはしたけど105.png
なにより
実体験した青年たちが自然に演技してて
これまたビックリ!
クリント監督
素人さんにどんな風に演技指導とかしたのでしょうか?

この3人の青年たちは
映画という非日常から離れて
元の生活に戻ってるそうですよ!
これまた
良かったです!



by ykiki28 | 2018-03-14 15:31 | 映画
ロング、ロングバケーション

f0231785_15514482.jpg
解説:

『人間の値打ち』などのパオロ・ヴィルズィが監督を務めたロードムービー。老夫婦が人生最後の旅を満喫しようと、キャンピングカーでボストンからアメリカ本土最南端の地を目指す様子を描く。原作はアメリカの作家マイケル・ザドゥリアンの小説。『クィーン』などのヘレン・ミレン、『ハンガーゲーム』シリーズなどのドナルド・サザーランドらが出演している。

あらすじ:

元文学教師でアルツハイマー病のジョン(ドナルド・サザーランド)と末期がんの妻エラ(ヘレン・ミレン)の結婚生活は、半世紀を過ぎていた。子供たちもすでに独り立ちして家を出た今こそ二人きりの時間を楽しもうと、彼らは愛車のキャンピングカーで旅に出る。目的地は、ジョンが大好きな作家ヘミングウェイの家があるフロリダのキーウェストで……。BY シネマトゥデイ


少なくとも10年後の姿??

なんとなく最後は想像出来たので

夫は誘わないで一人で見に行きましたよ105.png


一人で行って良かったです。

最後も想像通りでしたけど

私にはそぐわない感じ

あれはあかんよね!!っと、思う

まっ!

夫婦仲もまったく違うしね!105.png


しかし

認知症の老人に運転させたらあかんやろ!!



by ykiki28 | 2018-01-30 15:59 | 映画
  

日々あれこれ!笑って!食べて!泣いて!怒って・・・老後は着物で暮したい!
by ykiki28
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
Caolita さまぁ..
by ykiki28 at 11:48
キキさま この映画、見..
by Caolita at 23:56
ちくぜんにさま こんに..
by ykiki28 at 12:56
ありがとうございます!写..
by ちくぜんに at 09:03
ちくぜんにさま 初..
by ykiki28 at 15:21
数年前豊津に単身赴任をし..
by ちくぜんに at 17:53
ごめんなさ~い! せっ..
by ykiki28 at 16:23
yuricoさま ..
by ykiki28 at 20:26
わかるーーーー息子さんの..
by yuricoz at 14:49
シャンティガフ!おしゃれ..
by ykiki28 at 14:55
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「ハドソン川の奇跡」
from ここなつ映画レビュー
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
装飾的芸術美の頂点・光琳..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログジャンル
日々の出来事
着物・和装