CHINESE CUISINE 綉花


またもや中華なお話
家族で夕食となるとついつい中華料理のお店に行ってしまう。

今回のお店は箕面ヴィソラの近く
小さなマンションの一階にあり、カフェのような外観でうっかり見落としてしまいそうな

『CHINESE CUISINE 綉花』(しゅうか)

外観だけではなく店内も中華らしからぬお洒落な雰囲気

f0231785_124986.jpg

お味はあっさりした広東風(ホンコンサイドもそうだけど・・・)

f0231785_11582348.jpg

あおりイカの炒め物  息子が飾りの人参まで食べてた012.gif

f0231785_1253721.jpg


〆のおこげの海鮮あんかけ  じゅ~~っと、あんがはじける音まで美味しそう!!

f0231785_1212353.jpg


お昼はお得なセットもいろいろあって
ネギそば・ミニ焼飯・エビのかりっとした天ぷら・ザアサイまでついてなんと千円005.gif
美味しいのだけど、完食はちょっと無理・・・

綉花(しゅうか) 箕面市西宿1-18-16 TEL:072-727-7678
[PR]
# by ykiki28 | 2010-04-14 12:14 | グルメ

移転!って、我が家じゃないけど・・・

以前RLブログで紹介した
なんちゃって元町別館牡丹園006.gif の
ホンコンサイドがお引越ししてました。
箕面の小野原が新しく道路が開通してずいぶんお店が増えていて楽しくなってきてる!!
(あのチーズケーキの美味しいデリチュースも大き~~いお店に変身067.gif

ホンコンサイドの新しい住所はこちら
大阪府箕面市小野原西6-5-38
TEL072-726-5426

先日、ディナーに行ってまいりました。
気になるお値段はそのままだったので、一安心038.gif(移転すると値上げするもんね!!)
お味もまずまず!!043.gif
f0231785_1652260.jpg


しかし、SSOKのついでのランチが出来なくなって残念。

まるこさまやおケイさまがこれを見てくださるといいけど・・・
もしも行こうと思って、以前のブログを確認されませんように025.gif
[PR]
# by ykiki28 | 2010-04-09 16:55 | グルメ

秋の森の奇跡


セレブな林真理子さまが Precious(あの小雪さまが表紙を飾られている月刊誌)に連載されていた。

それが文庫出版されたものを こないだふらっと買ってしまいました。

f0231785_13414738.jpg

帯の解説によると・・・
『人生は少しずつ秋へと向かう
それでも 魂が 触れ合うような 奇跡の恋は 生まれるのだろうか

「私は、恋愛がしたいの。不倫とか 浮気じゃイヤなの。ちゃんとした恋愛がしたいのよ。」

42歳の主人公裕子は、母親の介護の問題、夫の浮気への疑念から逃れるように、妻子ある男性と関係を持つ。不倫ではなく、浮気やよくある常時でもない。そんな魂が触れ合うような恋愛は存在するのか。
大人の女性にとってセックスの絡まない恋愛は成立しるのか。

恋愛小説の第一人者、林真理子が日本中の全女性に問いかける、魂を揺さぶる真の恋愛小説。』

あ~~ぁ!!私は裕子さんとはお友達にはなれないわ!!022.gif

子もいて夫もいておまけに痴呆がすすんでいる実母もいて・・・
私は恋愛がしたいの!!
なんてことを、友人が言ったら きっと私はコンコンと説教すると思う!!

あんたは、何を考えてんの??自分の立場をよく考えなはれ~!!
子供もお母さんもあんたのことを必要としてるのよ!!
そんな大事な時に恋愛がしたいやて~~!!アホなこと言わんときよし!!怒!怒!怒!!」


42歳と言う微妙な年齢。人生の秋の入り口。なんか焦燥感があるのはわかるよ!
しかし、夫はともかくとして
子供や母親をほったらかしにして男のもとに走るのは人間として失格だと思うけど・・・
母親が徘徊して、雨の中さまよってる時にデイトしてたらあかんやろ??
それに、夫に対しても
夫が本当に浮気したかどうかの確証もないのに
夫がしてるなら私も浮気してもいいんじゃない?なんて
それはちょっとちゃうやろ??って、思うな~~!!

我がままで身勝手な女ちゃう??
って、突っ込みながら読んでるのも面白かったりして・・・

と、いいつつ
私ってけっこう林真理子さん読んでるのよね!!
今も和楽に連載されてる『源氏物語』読んでるし・・・
好き嫌いはともかくとして才能あふれる女性ですな!
[PR]
# by ykiki28 | 2010-04-08 13:55 | 読書

妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)

先週の日曜日、国立文楽劇場へ・・・
f0231785_15223540.jpg

あらすじ  <by Wikipedia>
(大化の改新(645年)前後を舞台としており、時代設定としては義太夫狂言中かなり古い。)

大序
大内の段
天智天皇は病に侵され盲目となり、政治が乱れている。そのすきを狙った蘇我蝦夷は中臣鎌足に濡れ衣を着せて失脚させる。鎌足の娘采女の局は身に危険が及び、宮中を脱出する。

春日野小松原の段
大判事清澄と太宰の後室定高は領地争いで対立している。だが、清澄の子久我之助と定高の娘雛鳥は恋仲である。二人が仲良く恋を語っているところへ采女の局が逃げてくる。久我之助は采女の局を変装させて窮地を救う。

蝦夷館の段
蝦夷の子入鹿は、父の暴挙に怒り座禅をしているが、思いつめて父に意見する。怒った蝦夷は妻を斬り、入鹿に謀反の連判状を渡すよう詰め寄るが、蝦夷謀反の取り調べに大判事清常と安倍中納言が来る。入鹿は大判事に連判状を渡し、父を追い詰め切腹させる。だがこれはすべて父に代わり帝位を握ろうとする入鹿の計略であった。入鹿は父蝦夷が白い牡鹿の血を妻に飲ませて産ませたため、超人的な力を持ち、日本の支配者たらんことを宣言し宮中に攻め入る。

第二段
猿沢池の段
盲目の帝は采女が猿沢池に身を投げたことを聞いて、池に行幸する。そのとき凶事の知らせ。入鹿が宮中に乱入し、帝位を称したというのだ。鎌足の息子・藤原淡海は、帝を猟師芝六実は家臣玄上太郎の家に匿う。

芝六住家の段
山中の芝六の家は帝が逃げ込んだことで、にわか仕込みの宮中に早変わり。多数の官女公家がつめかけ、そこに借金とりが催促に来るわ、無聊を慰めるため帝に万歳を披露するなど大騒ぎである。芝六は、入鹿を滅ぼすには爪黒の鹿の血と嫉妬深い女の血が必要と知り、禁を破って葛篭山で爪黒の神鹿を射殺す。その罪を芝六の子・三作が引き被り、石子詰の刑を受けようとするが、鎌足の働きで助けられ、采女と神鏡も見つかる。神鏡の力で帝の眼も治る。こうして鎌足による反撃が始まる。

第三段
花渡しの段
権力を手にした入鹿は暴政の限りを尽くす。清澄と定高に久我之助をわが家臣に、雛鳥を我が側室にせよと無理難題を言い渡し、花の枝を渡して返事に吉野川に流せと命令する。

山の段
清澄と定高は思いにふけりながらそれぞれの屋敷に帰る。両家は吉野川を挟んで満開の桜の妹山、背山に住む。清澄、定高とも過去の行きがかりを捨て、涙ながらに子を手にかける。たがいに相手の子の命を救おうとするのだが、川ごしに双方とも死んだことを知り、「嫁入り道具、行器、長持犬張子、小袖箪笥の幾さおも、命ながらへ居るならば、一世一度の送り物、五丁七丁続く程」の華やかにも悲しい床の浄瑠璃に合わせ、定高は雛鳥の首を雛人形とともに川に流し大判事に受け取らせる。こうして二人は死して夫婦となる。

第四段
杉酒屋の段
三輪山のふもとの杉酒屋の娘・お三輪は、隣に住む烏帽子折の美男子・園原求女に一目ぼれする。求女こそ藤原淡海の世を忍ぶ姿であった。だが、求女には入鹿の娘橘姫という恋人がいた。求女は入鹿屋敷に潜入するため、姫の裾に赤糸をつけて跡を追う。お三輪も求めの裾に白糸をつけて追跡する。

道行恋苧環
求女をめぐる橘姫、お三輪の争いを、夜の春日大社を舞台に所作事で演じる。原作は布留(ふる)の社=石上神宮が舞台。2003年歌舞伎座の上演では人形振りで演じられた。

第五段
三笠山御殿(金殿)の段
入鹿が家臣たちを侍らせて宴会をしている。そこへ難波の猟師・鱶七が鎌足の使いと称してやってくる。いぶかる入鹿に鱶七は、家臣になるという鎌足の手紙を見せるが、納得しない入鹿は実否をただすまで鱶七を人質にせよと言い棄てて奥に入る。豪胆な鱶七はさまざまな罠にもびくともせず、悠々と奥に入る。(鱶七上使)

「されば恋する身ぞつらや。出ずるも入るも、忍ぶ草、露踏み分けて橘姫」の床の浄瑠璃の言葉どおり、橘姫が帰ってくる。そのあとを赤い糸をしるべに求女が追ってくる。橘姫は求女に、妻になるため、命にかけて入鹿が所持する十握の宝剣を奪うことを誓う。(姫戻り)

「迷いはぐれし、かた鶉、草の靡くをしるべにて、いきせきお三輪は走り入り、」の浄瑠璃になり、お三輪は糸が切れてようように御殿にたどりつく。来かかった豆腐買いの女から二人が夫婦になることを聞いてあせる。建物に入ろうとして官女たちに止められ、さんざんに嬲られる。心傷つき帰ろうとするお三輪の耳に、花嫁をはやす声が聞こえる。ついに嫉妬に狂ったお三輪は、髪振り乱し建物に入ろうとすると、鱶七に刺される。鱶七は実は鎌足の家臣・金輪五郎。五郎はお三輪に、「女悦べ。それでこそ天晴高家の北の方、命捨てたる故により、汝が思う御方の手柄となり入鹿を滅ぼす術の一つ、オゝ出かしたなあ。」と声をかける。主君の命を受け、入鹿を討つべく来たのであるが、爪黒の鹿の血と嫉妬に狂う女の生血を鹿笛にかけて吹けば、入鹿の力が衰えることを知り、不憫ながらもお前を刺したと告げる。お三輪は自己犠牲が恋人・求女、実は藤原淡海のためになることを知り、嬉しげに死んでいく。(竹雀)

入鹿誅伐の段
鹿笛の霊力で魔力の衰えた入鹿は討たれ、めでたく帝は復位、平和が訪れる。志賀の都で忠臣たちへ恩賞が授与され、久我之助と雛鳥の供養が行われる

More
[PR]
# by ykiki28 | 2010-04-06 15:23 | 観劇

満開の桜の下で・・・


ようやく、春らしいお天気になってきました!

本日は、桜満開の大阪城ホールにて次男の大学院の入学式でありました。

f0231785_16275097.jpg

 
学部生と合同なのですごい人出

保護者も爺ちゃん、婆ちゃん引き連れてもう大変

ゲストに大阪市長の平松邦夫さんがご招待されていて、祝辞をくださいました。

元アナウンサーだけに引き込まれる話術

良いことをおっしゃいました。

『人との関わりを大切に・・・その中で成長していただきたい』

よくよく言われつくしたことですが、改めて自分自身にも身にしみました

息子の心にもしみていて欲しいな!!
[PR]
# by ykiki28 | 2010-04-05 16:33 | 日々あれこれ


日々あれこれ!笑って!食べて!泣いて!怒って・・・老後は着物で暮したい!


by ykiki28

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日々あれこれ
グルメ
着物
観劇
映画
美術館
読書
日々のぼやき
旅行
お出かけ
お気に入り
ダイエット
美容
ドラマ
未分類

お気に入りブログ

♪♪♪yuricoz c...
雑雑日記(a)
風呂あれこれ PartⅡ
Okei's Next ...

リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

Caolita さまぁ..
by ykiki28 at 11:48
キキさま この映画、見..
by Caolita at 23:56
ちくぜんにさま こんに..
by ykiki28 at 12:56
ありがとうございます!写..
by ちくぜんに at 09:03
ちくぜんにさま 初..
by ykiki28 at 15:21
数年前豊津に単身赴任をし..
by ちくぜんに at 17:53
ごめんなさ~い! せっ..
by ykiki28 at 16:23
yuricoさま ..
by ykiki28 at 20:26
わかるーーーー息子さんの..
by yuricoz at 14:49
シャンティガフ!おしゃれ..
by ykiki28 at 14:55

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「ハドソン川の奇跡」
from ここなつ映画レビュー
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
装飾的芸術美の頂点・光琳..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログジャンル

日々の出来事
着物・和装

画像一覧